ハワイウォーターを選ぶ理由
ハワイウォーター誕生の技術
ハワイウォーターを選ぶ理由 ハワイウォーター誕生の技術

ハワイウォーターができるまで

ハワイウォーター製造の流れ

  1. 水源
    地下の水源に25年をかけて蓄積された、最高水質地域ハワイの地下から高品質の天然水を厳重な政府管理のもと、安全に供給をしたクオリティの高いミネラルウォーターを抽出しています。
  2. 何重もの濾過
    地下200mから汲み上げられたクオリティの高いミネラルウォーターは、独自のパイプラインを通り工場に送られます。そこで5ミクロンのフィルター (HEPAフィルター)、活性炭のフィルターによる、不純物を取り除くろ過を行っていきます。
  3. ROシステム
    ROシステムとは = Reverse Osmosis System(逆浸透膜システム)

    このシステムは、0.0001ミクロンという極小サイズのフィルターで、
    アメリカ航空宇宙局 (NASA) で開発されたものになります。
    ハワイウォーターは5段階でROシステムを通過させるのですが、
    逆浸透膜の原理である人工的に塩水側に浸透圧以上の圧力を加え、浸透膜フィルターを通じて水を浄化する働きを使って、浸透膜で仕切った容器に塩水と真水を入れることで、浸透圧の差により真水は濃度の濃い塩水側に移動し、双方の濃度を一定にしようとする性質を利用しています。
    これにより一般の浄水方法では除去不可能と考えられていた超微細ダイオキシン・金属・ウィルス等も取り除き、最も安全で浸透性の高い水分子のレベルまで磨き上げられた水を作り出すことが可能になります。

    フィルターの種類フィルター膜の大きさ除去可能な不純物
    活性炭フィルター1 ミクロン 塩素、カルキ、カビ臭、人毛、花粉、
    サルモネラ菌など
    中空糸膜0.1~0.01 ミクロン コレラ、チフス菌、レジオネラ菌、大腸菌0-157、
    エイズウィルス、B型肝炎 (感染症) ウィルス、
    クリプト菌など
    RO膜(逆浸透膜)0.0001 ミクロン ダイオキシン、ホルムアルデヒド、砒素、農薬類、
    トリハロメタン、トリクロロエチレン、
    ハロゲン化合物、鉛、水銀など

    ROシステムは、一般の浄水器では取り除けない、ダイオキシン・ホルムアルデヒドに代表され環境ホルモンまでもしっかり除去しており、もちろんウィルスなどの病原菌なども除去できてしまうため、最高水質のH2Oに近い天然水を使用しているので、最も高品質なキレイなピュアウォーターが誕生します。

  4. UV・オゾン
    ROシステムが終了したら、さらに紫外線照射、オゾン処理を加えることで徹底的な殺菌と消毒を行い、溶解率が高く安全で浸透性の高い純度99.9%以上の純水ピュアウォーターを作り上げていきます。
  5. 全自動ライン
    完成したピュアウォーターを新鮮なまま保管するため、人的作業は一切行わず全自動ラインロボットで行っていきます。
    工程は製造、ボトル洗浄、ボトル詰め、キャップ、全てを品質の高いままボトルに留めるように考えられた、スーパーロボットが進めていきます。

    動画を見る

  6. 輸送
    工場から厳しい検査を経て出荷されたハワイウォーターは、大型のコンテナに厳重に積み込まれ、コンテナタンカーでハワイから横浜へ送られます。
    コンテナ内にも品質保持するための工夫がされており、ボトルは日本まで安静に旅をしていきます。
  7. 保管
    日本へ到着したハワイウォーターは再度厳重な品質検査を経てから、温度管理された倉庫で再び安静に保管され、お客さまからのご利用を待ち待機しています。
  8. ご注文・配送受付
    お客さまからのご注文をお電話・FAX・ホームページで受け承りましたら、待機しているボトルが専用のエコ配送トラックに積みこまれ、お客さまの元へ最善の状態で送られます。
ハワイウォーターとは
ハワイウォーターを選ぶ理由
価格・サービス
お水についての豆知識
ご購入方法
配送サービス・エリア
ご利用案内
よくある質問


営業時間:9時~17時

新規のお客様お申込み